■Information

2018-02-18 09:00:00

《ショートコラム》東京マラソン2018の走り方Part4防寒対策編|緑が丘はり灸治療院

おはようございます!

八千代市、船橋市地域の皆さまをサポート!

緑が丘はり灸治療院です(^^)

 

Facebookロゴ。腰痛、肩こりが診れる、八千代緑が丘の鍼灸院。緑が丘はり灸治療院のホームページへようこそ。当院はトリガーポイントや筋膜リリースを主に痛みの治療を行っており、全身の疲れなどの場合はリラクゼーション要素のあるソフト整体を施しています。子育てや仕事での疲れは緑が丘はり灸治療院にご相談下さい

 

 

 

 

 

本日は、東京マラソンまであと7日、事前にできることパート4です。

 

院長であるタケウチは、2017年の東京マラソンに出走、頑張って完走しました。

 

それまでは、5キロ、10キロ、ハーフをちょこちょこ、第一回アクアラインマラソンを完走しておりました!

 

約10年間、応募し続けてはじめての当選で、走ることが出来ました。

 

そんな私の東京マラソンに向けての直前対策?体験をお伝えします(^^)

 

 

 冷えは万病のもと.jpg

 

 

 

今回は寒さ対策編です!

 

マラソンといえば冬の競技!でも、走れば身体が熱くなり、半袖短パンでもいけちゃいますよね。

 

しかし、東京マラソンのような大きい大会になると、エントリーから出走までの時間が長い!

 

出走の号砲が鳴っても、後ろからのスタートですと、30分以上は動き出しまでかかるといいます。

 

私のときは後ろから3番目の組だったので、スタートラインを号砲から30分後に通過するような形となりました。

 

それまではとにかく寒さとの戦いでした。

 

 

 

ダウンなど暖かい格好をするのもありですが、東京マラソンですと、荷物を先に預けてしまうので、防寒具のいき場所に困ります。

 

 

 

ですのでオススメは

 

〇ニット帽

〇手袋

〇着脱式の袖、アームカバー

〇スポーツタイツ

 

〇ホッカイロ(たくさん)

 

 

※ホッカイロは貼るタイプのものを背中とお尻、お腹などにペタペタと貼りました。

 

また手袋の下には貼らないタイプのホッカイロで温めます。

 

これだけでもかなり防寒対策できました。

 

あとは万が一のことを考えて、百均の雨合羽を羽織っていました(^^)

 

意外と防寒にも役立ちます!

 

身体が温まったら、脱いでコンパクトにまとめられますので便利です😊

 

 

 

 

皆様の完走を祈っております😋

 

以上、事前にできること(スタート直前の防寒対策)、パート4でした!

 

 

当院の紹介

●緑が丘はり灸治療院では、筋肉疲労、筋肉の痛みに焦点を当てた、トリガーポイント療法鍼や筋膜リリース理論を基に治療を行っています。

●患者様の状態や希望に対応できるよう、鍼治療コース・筋膜リリース整体コース・ソフト整体リラクゼーションコースをご用意しております。

●腰痛や肩こりでお悩みの方や、スポーツ愛好家、使い過ぎなどの肉体疲労が気になる方がご来院いただけます。

●皆様の健康が今よりもっと良くなり、日常生活が楽しく・スポーツ、部活が長く続けられるようにサポートいたします。

 

緑が丘はり灸治療院