■最新のお知らせ

2021-02-27 09:43:00

【鍼灸メディア情報】東洋医学ホントのちから【健康長寿sp】

本日19時30分よりNHKにて放送予定の

東洋医学 ホントのちからについてです!

 ※前回は放送延期で、2/27放送となりました

 

■鍼灸、漢方、太極拳などの東洋医学が起源の療養方法をベースに、各々、テーマ別に紹介がされる番組です。

 

毎年この時期には特集される番組ですので、お時間がある方はリアルタイムで、または録画されて観られることをオススメします。

 

【過去の番組紹介の記事】

東洋医学ホントのちから セルフケア編

 

 

以下番組の紹介となります☆

 

【今回のピックアップツボもあわせてご紹介してます!】

 

 

■西洋医学では手が届かない症状への解決策として、世界中で注目を集める東洋医学。いま最新科学を駆使した研究で続々と効果が確認され、医療や介護などの現場でも導入が広がっています。健康長寿のカギとして注目される“免疫UP”と“ストレス解消”に欠かせない漢方薬や鍼灸(しんきゅう)、太極拳の最新の治療法やセルフケアをご紹介します。

 

■東洋医学ホントのチカラ「今年も元気に!健康長寿SP」

2021年1月13日(水)午後7:30~[総合]

 

 

 

今回のピックアップツボはこちら!

 

■足三里(あしさんり)

 

→ツボの場所

ひざの下端から約指4本分下

スネの骨の外側のくぼんだところ

 

 

■頬車(きょうしゃ)

 

免疫アップの効果や、リフトアップ効果も期待できる“美容のツボ”としても知られています。

 

→ツボの場所:

耳の穴の前~頬の辺りを触りながら噛むと筋肉が盛り上がるところ

 

 

■内関(ないかん)

 

緊張している時や、不安を感じている時などに用いられる。乗り物酔いなどにも効果的と有名なツボのひとつ。

 

→ツボの場所

手首の内側から肘側に向かって指3本分のところ

 

■合谷(ごうこく)

 

肩こり、目の疲れ、リラックスさせる効果が期待できるツボです。

 

→ツボの場所

手の親指と人差し指の骨の間の筋肉内のところ

 

 

もっと詳細は公式ホームページをご覧下さい

 

 

 

 

鍼灸治療、東洋医学がより身近な存在となるよう、当院は日々活動して参ります!

 

 

2021-02-25 11:17:00

【眼精疲労】に対する鍼灸治療

眼精疲労に対する鍼灸治療

 

「眼精疲労」は近年特に多くの方を悩ませている症状のひとつです。慢性的な目の疲れである「眼精疲労」は、その日、その場限りの疲れではありません。何ヶ月、何年もの年月を掛けて蓄積される慢性的なものです。ですので、眼精疲労が元々の原因であっても、肩や頭などの別の場所に症状が出る場合もあります。

 

眼精疲労の目以外の症状

肩こり、頭痛、吐き気、食欲不振、便秘、イライラ、不安感、鬱など自律神経系を含めると多岐にわたります。「眼精疲労」とこのような全身に表れる症状の因果関係はハッキリしていませんが、臨床上の経験からも、共通するところが多く、また患者様も関係していると自覚されている場合が多くあります。

 

また、そのような状態が消化器系や自律神経系に悪い影響を及ぼし、全身の症状を起こしているとも考えられます。

 

 

眼精疲労の原因は?

 

眼精疲労どうしたらいいのか…まずはその原因を調べる必要があります。

原因がわかれば予防や症状の軽減につながるからです。

 

注意事項

症状の変化が感じられない眼精疲労の場合は専門医を受診することをお勧めします。

 

 

■目の病気による眼精疲労

近視、乱視、老眼、緑内障、白内障

 

※ドライアイ

PC画面を長時間見つめる仕事をしている人にみられるドライアイは、はVDT症候群と言われ、多くの方が要因として抱えています。

 

 

■物理的な刺激による眼精疲労

 

目の使い過ぎ

 PC作業のVDT症候群のように、現代社会では目を酷使しがちです。スマートフォンの普及によりそれはさらに加速しました。また、リモートワークが推進されている近年では、さらなる目への過負荷が心配されます。

 

 

これらのような代表的な原因ですが、いくつか重なることで眼精疲労が起こります。

原因を1つずつ取り除く、あるいは改善することで眼精疲労は楽になります。

 

 

鍼灸の眼精疲労治療方法

 

■東洋医学的考え方

東洋医学では目の疲れ以外にも以下のような症状が起こると考えられています。

 

筋肉痛や  肩こりなどが起こる

夜ぐっすり眠れない

イライラする

怒りっぽくなったり、感情の起伏が激しくなる

集中できない

いつもより少量のアルコールで酔っぱらってしまう

薬の副作用が強く出る

貧血

眼精疲労だけで他の症状は全くないという方は少ないと思います。

眼精疲労とともに全身の状態も改善していきます。

 

 

■筋肉や神経に作用する直接的な効果

 

鍼やお灸によって筋肉や神経に作用することも、直接的な効果を生みます。こちらの方がイメージしやすいかもしれません。

眼精疲労によって肩がこり、硬くなった首や肩の筋肉が血流を悪くします。もしくは、よく耳にする、肩からくる眼精疲労というのも同じかもしれません。

血行循環が悪くなると、疲労物質などが排出されにくくなり、疲労の蓄積が起こります。

鍼灸治療では、まずは首や肩の筋肉のこりの改善を行います。

 また鍼灸は、自律神経の副交感神経優位にさせます。副交感神経はリラックスの神経です。鍼灸治療で副交感神経を刺激することにより、普段の生活では取りきれない疲れなどが解消されやすくなります。

眼精疲労の原因になっていたストレスや緊張なども、鍼灸治療で改善されやすいと言えます。

 

鍼灸治療でスッキリする感覚を、ぜひ味わってみてください。

 

 

2021-02-25 08:48:00

【4月より特典改定】チーパス提示で割引

いつもご利用ありがとうございます。

緑が丘はり灸治療院です。

 

この度、4月からチーパス対象が【⠀高校生のいるご家庭⠀】までに拡大されます。

 

それに伴い、当院では割引額の変更をさせていただきます。

 

【⠀下記の見方⠀】

■(普段のお会計)→(4月以降の料金)

 

現在のところ下記以外はチーパス割引適応外

 

■4050円 → 4250円(50分コース①)

 

■4500円 → 4700円(50分コース②)

 

■6750円 → 7000円(7500円のコース①)

 

■7500円 → 7750円(7500円のコース②)

 

 

 

なお、4月以降にチーパスが新しくなります。ピンク色のチーパスもしくは、スマホアプリのチーパスとなりますので、よろしくお願いいたします。

※裏面にお子様の情報が書かれていない場合は割引の対象となりません。

また不正防止のため、本人確認書類とお子様の確認書類を拝見します。忘れずにご持参ください。

2021-02-22 10:53:00

【感想】坐骨神経痛にお悩みの女性、鍼治療を受けて頂きました!

ご感想はブログよりご確認頂けます(^^)

 

こちらから

2021-02-20 09:00:00

《BLOG》冷え症に対する鍼灸治療、筋膜リリース整体

冷え症の治療
(鍼灸治療、筋膜リリース整体)

あなたの状態はこれらにあてはまりますか?

むくみが気になる

●手足が氷のように冷たい

●お腹の下が冷える

●冷えて眠れない、靴下をはいて寝ている

●皮膚の乾燥がある、かゆみがある

●疲れが残りやすい

●生理不順、生理痛がひどい


hands-and-feet.png

 

慢性的に悩まれている方がたくさんいらっしゃいます

主な原因は?

●冷え症の原因は血液、リンパ液の循環がスムーズにいかないために起こることが多いです。

 

 ●人間には本来、ホメオスタシスという、自己調整機能が備わっています。

 

●しかし、日々の疲れやストレスなどにより、自律神経機能がうまく働かないことで、体温調整が出来なくなるケースが非常に多いです。

 

●冷え症に悩む方は体質ではなく、自律神経が乱れているサインです。


主な原因.jpg

冷えは万病のもと

冷えは万病のもと.jpg

●体温が一度下がると基礎代謝も10%以上下がり、免疫力は30%超低下します。

 

●冷えにより基礎代謝が悪くなると、消費する能力が下がる為、太りやすく、痩せにくい、病気になりやすいなどのトラブルが起こりやすい身体となってしまいます。

冷え症を改善させるには?

冷え症を改善させるには.jpg

●食生活改善! 砂糖、添加物、加工食品

 

●特に白砂糖が冷えには良くないと言われています。代謝を促進するためには、摂取した食物をエネルギー(熱)に変える必要があります。その時に必要な栄養素が白砂糖にはなく、逆に他で必要なエネルギーを消費してしまう働きがあると言われています。

 

●この作用が続くと、自律神経が乱れて交感神経が優位となると言われています。優位というと良いイメージかもしれませんが、交感神経が優位の状態が長いと末梢への血液循環が低下してしまい、冷え症となってしまいます。

気を付けること

気を付けること.jpg

●【生活習慣の改善】

 

1、十分な睡眠時間

2、食事の見直し

3、加工品や砂糖を制限する

4、体を外から温める(風呂・防寒)

5、中なら温める(運動・ヨガ)

 

生活習慣を見直すことで、治療の効果がぐっと上がることがあります。また、以前より冷えにくい身体へ一歩近づけると考えられます。

冷え症治療の流れ

●問診にて既往歴・生活習慣・原因をお聞きして、治療の効果を上げるための方法を適宜相談しながら進めていきます。

 

●自律神経の安定化を図る鍼灸治療、筋膜リリース整体を行います。

 

●全身の自律神経ポイントのバランスを調整する事によって、血液、リンパ液の循環がスムーズになり、末梢部の血流改善の期待が出来ます。

 

●また、日常生活で疲労している筋肉やあまり動かしていない筋肉にマッサージやストレッチを加え新陳代謝を上げます。

 

●足がぽかぽかしている、入浴後も足先まで温かい、冷えが改善出来て体調が良い

 

●冷えに対しては、食事、運動、自律神経調整と代謝を上げる治療を行うことで良い効果が期待されると考えております。

 

●身体を冷やさない食事、筋肉に良い食事は長い目で見ても身に着けていった方が得です!

当院の紹介

●緑が丘はり灸治療院では、筋肉疲労、筋肉の痛みに焦点を当てた、トリガーポイント療法鍼や筋膜リリース理論を基に治療を行っています。

●患者様の状態や希望に対応できるよう、鍼治療コース・筋膜リリース整体コース・ソフト整体リラクゼーションコースをご用意しております。

●腰痛や肩こりでお悩みの方や、スポーツ愛好家、使い過ぎなどの肉体疲労が気になる方がご来院いただけます。

●皆様の健康が今よりもっと良くなり、日常生活が楽しく・スポーツ、部活が長く続けられるようにサポートいたします。

 

緑が丘はり灸治療院

 

1 2 3