■Information

2018-04-12 09:47:00

《はり治療症例》ぎっくり腰の鍼灸治療|緑が丘はり灸治療院

おはようございます!

緑が丘はり灸治療院です!

 


 

今回は

《ぎっくり腰》の症例を

ご紹介します。

【患者様情報】

🔵八千代市在住

🔵男性

🔵40代

 

 

 

【痛みの経過】

 

🔴前日に痛めて、痛み止めで様子を見ていたが、治まらなくて来院

 

🔴ぎっくり腰、数回経験

 

🔴元々腰痛持ち

 

🔴歩くとき、体重を乗せたとき、立ち上がる瞬間に、腰からお尻にかけての痛みが強くなります

 

🔴痺れなどはない
 

【治療の流れ】

 

🔵問診、身体の動きを見て状態を把握しました。
 

🔵検査の結果、左手臀部の筋肉が中心にトリガーポイントを形成しており、その周辺の筋肉にまで影響がありました。

 🔵筋膜リリースを行い、痛む動作を行って頂くと、痛みがほぼ無くなり歩けるとのこと。椅子からの立ち上がり時に、違和感があるということでしたので、鍼と筋膜リリースを周辺の筋肉へ施しました。

 

【治療後の状態】

 

🔴痛みほぼ無くなり、治療の余韻が残っている程度とのこと。

 

🔴仕事上、腰を使うことが多いので、再発がないように自宅でのケア方法もお伝えして、治療終了となりました。
 

 

 

【腰の痛みについて】

 

 

🔴腰の痛みにお悩みの方は多いかと思います。ヘルニア、狭窄症、急性腰痛、滑り症、腰椎症など、整形外科で専門医の診断を受ける場合がほとんどです。

 

🔴整形外科では、レントゲン撮影で骨に異常が無いかどうか、その上で診断をしてくれます。湿布薬や痛み止め、リハビリとして電気治療も行う場合もあります。

 

🔴整骨院・接骨院は、捻挫や打撲などいわゆる急性のケガ治療のプロフェッショナルが集まる治療院です。転んで腰をひねった、打撲したなど、怪我として痛めた場合はオススメです!

 

🔴当院の様な、はり専門の治療院ですと、慢性的な痛みや疲れが対象となります。今回の腰の痛みは、仕事などで長い間、腰やお尻の筋肉が酷使された可能性があるため、慢性的な症状も含んだぎっくり腰だと考えられます。
  

【当院のかかり方】

 

🔴状態により鍼灸治療の適応にならない場合もあります。

 

🔴まずご自身がどの様な状態で、何でそうなったのか(痛めた理由)を思い返した上で、上記の整形外科や整骨院、接骨院、鍼灸院にかかれば良いのかを考えてみてください

 

🔴お気軽にお相談いただけたらと思います。