■最新のお知らせ

2018-01-12 09:00:00

《BLOG》人間工学に基づいた運転姿勢とは

おはようございます!

 

千葉県八千代市の鍼灸院、緑が丘はり灸治療院です。

 

Facebookロゴ。腰痛、肩こりが診れる、八千代緑が丘の鍼灸院。緑が丘はり灸治療院のホームページへようこそ。当院はトリガーポイントや筋膜リリースを主に痛みの治療を行っており、全身の疲れなどの場合はリラクゼーション要素のあるソフト整体を施しています。子育てや仕事での疲れは緑が丘はり灸治療院にご相談下さい

 

 

●今回は、運転姿勢に関する興味深い記事を見つけたので、紹介させていただきます。リンクは最後にあります。

 

 

 

◆理想のドライビングポジション

 

腰痛で診断されることが多い病名.jpg

 

 

●運転する際、皆様はどのような姿勢をしていますか?

座席の位置やミラーの位置、ハンドルの高さなど自分に合うように調整して乗っていることだと思います。

移動手段として手軽に手に入れることが出来るようになった自動車ですが、安全面の課題がまだまだ解決できていない部分が多く感じます。

 

 

トヨタ/運転席の合わせ方

 

 

 

●人間は、リラックスしている状態(手足に無駄な力が入っていない状態)から瞬時に動作反応ができます。

例えば、スポーツで野球の場合ですと、投げる・打つ・走る前にガッチガッチに力の入っている野球選手を見たことがあるでしょうか?

テニスでは、相手のサーブを待っている選手が、手をぶらぶらとリラックスしている姿もあります。

 

 腰痛の80は原因不明.jpg

 

●運転も同じように、ある程度のリラックス状態でないと、万が一の時、瞬時の反応ができません。

それには、シートの位置などの車自体の環境が大きくかかわってきます。

 

 

●最近、安全装備の充実した自動車が各社かなり増えてきました。その多くは自動ブレーキシステムを備えている印象があります。

技術の進歩とともに、車を認識するセンサー、自転車や人を認識するセンサー、またセンサーの感度が良すぎて誤作動を起こしてしまうことも…。

その機能を最大限に活かすのは、結局のところ人間の能力だと考えています。

 

 

●リラックスした姿勢で、安全機能を備えた自動車に乗ることは、今現在、事故のリスクを最小限に抑えるために必要なことだと思います。

 

 

 気を付けること.jpg

 

 

 

◆運転後の身体の疲れはどうでしょうか?

 

 主な原因.jpg

 

 

理想のドライビングポジションとは、単に事故防止の効果だけではなく、疲労軽減にも大いに役立ちます。

 

長時間の運転や、毎日の運転で、腰が痛くなったり、坐骨神経痛になったりした方はいませんでしょうか?

 

 

このような症状.jpg

 

 

それは、同じ姿勢の繰り返しで無理な負荷が身体にかかったために起こった慢性的な疲れです。

 

 本当.jpg

 

 

 

◆解消法は?

 

適度な休憩と休憩中のストレッチや運動です。

 

ストレッチ肩こり腰痛に防止に。八千代緑が丘の鍼灸治療院2.jpg

 

 

長時間の運転でしたら1時間に一回でも休憩が挟めると、その後の疲労感が全然違うことでしょう。

 

また、仕事で運転をしている方は、ストレッチや運動では到底解消できない場合もありますので、マッサージや鍼灸治療を定期的に受けられることをお勧めします。

 

ストれっち.jpg

 

 

 

◆そんな理想のポジションをかなえる自動車はあるのでしょうか?

 

 

あります!

 

気を付けること.jpg

 

 

 

◆Mazda マツダ 

スカイアクティブシリーズ

 

 

↓リンクとなってます。

理想のポジションにご興味がある方はどうぞ!


 

 アクセラ/アテンザ/デミオ/CX-3/CX-5/CX-8

 

 

◆価格は?

 

 

一例

車種:CX-8 / グレード:ディーゼル&室内レザー仕上げ&4WD / オプション:諸々

価格:4,729,382円

 

是非ご検討を!

 

 

 

◆安全な運転の前に

 

しっかりとからだの調子を整えて行きましょう!

 

 

腰痛、肩こりが診れる、船橋日大前、八千代緑が丘の鍼灸院。緑が丘はり灸治療院のホームページへようこそ。当院はトリガーポイントや筋膜リリースを主に痛みの治療を行っており、全身の疲れなどの場合はリラクゼーション要素のあるソフト整体を施しています。子育てや仕事での疲れは緑が丘はり灸治療院にご相談下さい。